企業情報
Zoff Focus

メガネブランド「Zoff」20周年

メガネを“視力矯正器具”から“人間の可能性を拡張するもの”へ

メガネブランド「Zoff(ゾフ)」は、2021年2月24日(水)に2001年の1号店オープンから20周年を迎えます。創業以来「メガネが主役の時代を作る」という理念の下、メガネ業界にSPA方式を導入することで、「誰もがメガネを気軽に楽しめる社会」の実現を目指してまいりました。2021年Zoffは、ブランド戦略「Eye Performance」を通し、視力矯正器具に留まらず、人間の可能性を拡張するツールとしてメガネの新しい価値を提示し、社会や暮らしに必要とされるブランドを目指します。

SDGsへの貢献を宣言

20周年を迎えた今年、Zoffは国連が定めた持続可能な開発目標SDGs(Sustainable Development Goals)への貢献を本格的にスタートします。R&D機関であるZoff Eye Performance Studio(ゾフ アイ パフォーマンス スタジオ)の活動を始め、目の疾患を持つ方々の社会進出の支援、バリューチェーン全体を通した環境への負担軽減に取り組んでまいります。SDGsへの貢献を通し、メガネの新たな社会価値と企業価値を共創し、進化する100年企業を目指します。

URL:https://www.zoff.com/sustainability/

Eye Performanceとは

Eye Performanceとは、20周年を迎えるZoffが新たに掲げるブランド戦略です。これまでのメガネは、モノを見るためにピントを合わせる視力矯正器具としての役割が中心でした。Zoffは、メガネをマイナスをゼロにするものから、マイナスをプラスに変える存在としての価値に注目。R&D機関“Zoff Eye Performance Studio”を設立し、研究・開発や社会実装を実施していくとともに、新しい価値の提示、目や生活のパフォーマンス向上を目指してまいります。

ハスキー犬がイラストにリニューアル

創業以来、Zoffを象徴するシンボルとして愛されてきたシベリアンハスキーの子犬が新しいロゴに変わります。

Related Articles 関連記事