プレスリリース

SDGs

News

ロービジョン向け網膜直接投影型アイウェアを横浜市立盲特別支援学校に寄贈

弱視者の“見る”をサポート

寄贈の様子 (左)インタ―メスティック社 上野博史 (中央)横浜市立盲特別支援学校 長尾一 (右)株式会社QDレーザ 菅原充

メガネブランド「Zoff(ゾフ)」を運営する株式会社インターメスティック(本社:東京都港区)は、業務提携企業である半導体レーザ及び応用製品の企画・設計開発・製造・販売を行う株式会社QDレーザ(キューディーレーザ)(本社:神奈川県川崎市、以下「QDレーザ」)が開発するロービジョン向け網膜直接投影型アイウェア、RETISSA® Display Ⅱ(レティッサ ディスプレイ ツー)を、横浜市立盲特別支援学校をはじめとする、全14校に寄贈しました。

▼詳細は下記よりご確認ください。