ニュースレター

ZEPS

News

小学生とビジネスパーソンを対象にブルーライトに関する対照実験を実施

ブルーライトカットメガネの着用によって目の疲れや乾きが軽減されたと感じる傾向にあることが明らかに

メガネブランド「Zoff」を運営する株式会社インターメスティック(本社:東京都港区)は、小学生とビジネスパーソンを対象にブルーライトに関する対照実験(2021年1月18日〜22日)を実施しました。その結果、ブルーライトカット(以下、「BLC」)レンズを搭載したメガネを着用することで、日常生活におけるブルーライト曝露から目を守ることができ、目の疲れや目の乾きの軽減につながる可能性があることが明らかになりました。

新型コロナウイルスの影響を受けて、デジタルデバイス(※1)への接触時間が増加している昨今。そんな中、デジタルデバイスが発するブルーライトは、目をはじめ、人体に様々な影響を与えることで知られています。これまで、Zoffは「デジタル時差ボケ(※2)」を始めとする、ブルーライトの浴びすぎによって引き起こされる悪影響を明らかにし、ブルーライトの浴びすぎに警鐘を鳴らしてきました。そしてこの度Zoffは、BLCレンズの持つ可能性を探るべく、22〜49歳のビジネスパーソン110名と、小学3〜6年生108名を対象に、BLCレンズ搭載の有無によるパフォーマンスへの影響調査をそれぞれ実施し、その結果、BLCレンズを搭載したメガネの着用により、目の疲れや乾きが軽減されたと感じる傾向にあることが明らかになりました。
※1. デジタルデバイス:スマホやタブレット、ゲーム機器やPCなど、画像や映像を見ることができる機器。
※2. デジタル時差ボケ:ブルーライトの浴びすぎによって引き起こされる、体内時計の昼夜逆転状態。

※ 本調査を引用いただく際は出所を明示してください。
(記載例:Zoff Eye Performance Studio調べ「ブルーライトカットに関する対照実験」)

▼詳細は下記よりご確認ください。